トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ナツ  >  <題名改めます>レントゲン 

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来たぁ~ | トップページへ戻る | いつの間にか

このページのトップに戻る

<題名改めます>レントゲン 

2008年09月24日

ナツは13歳。
今のところ、ほんとに元気でありがたいです。
病気と戦ってるワンちゃんも多い中、こんなこと書くのは不謹慎かとも思われるけど
どうぞ、不愉快だと思われたらスルーして下さい。

今、迷ってることがある。

ナツの体の表面上のいろんなぐりぐりは、心配ないらしい。
ここんとこ、ちょっとお腹の中に腫れてるような感じを受けることがある。
昨日、病院に行ってレントゲンを写してもらった。
なんか、あるかもしれないらしい。
ただ、レントゲンではよくわからない。
胃に何か残ってるのかもしれないし、
ちょうど、胃が曲がるとこらしいので、それかもしれない。

何かができてるかもしれないし、何でもないかもしれない、らしい。
もし、超音波を受けるなら、もっと正確にわかるかもしれない、ということだ。

超音波を受けるならば、朝をぬいてきてくださいって言われた。
食いしん坊のナツにとって絶食は、とてもつらいことだ(笑)
何でもないと確信するために受けようかと思うのだけど
もし、万が一、病気が見つかったらどうしよう。
13才のナツに手術受けさせる?
今のとこ何一つ、不具合が見当たらないナツだけど体を切る?
切って病気を取ったところで、どのくらい、寿命が延びるのだろう・・・
それならば、いっそ超音波検査を受けず、このまま忘れてしまおうかとも。

なんて、まだ何も決まってないことに逡巡してる。
スポンサーサイト

来たぁ~ | トップページへ戻る | いつの間にか

このページのトップに戻る

コメント

つか、超音波ぐらいは受けたら?(;・∀・)
あれは簡単だし、犬にも負担かからんし。

最期を、自然に迎えるにしても、飼い主は犬の状態を完全に把握する必要があるし。
当然、痛みとかのコントロールを含めてサ。

なので、私もリボンママと同じスタンスだけど、検査だけはきちんと全部欠かさないでやるよん。
んで、治療じゃなく、いかに静かに楽に、犬も飼い主も迎えるか、を、先生と一緒に検討するってわけ。

検査から逃げるのは、見てみないフリするだけだから、もしかしたら犬は苦痛かもだよ。
病院が大嫌いでストレス感じる犬じゃないのであれば、私は検査はするべきと思います。(・ω・)ノ

コメントの編集

>まんさん
ありがとう。
そうだよね、怖がって検査を受けないでいることは、ナツのためにはならないね。
まだまだ、だめだなぁ(/_;)
うん、超音波の検査の予約入れるよ。
それから、その結果を聞いて考えることにする。

コメントの編集

ごめんなさい。
この記事の題名が間違っていました。
「最期」ってことは、無いです。

最初、記事を書く時に、この記事と全然違う内容を書いてたのです。
書き直してるうちに、内容と題名が変わってしまったのです。

まだまだ、気持ちよく長生きして欲しいので,
ヘンな題名で、
どきっとさせてしまって、ごめんなさい。

この記事、削除しちゃおうとも思ったのだけど
もし読まれた方に心配させちゃってたら
申し訳ないので、残しておきます。

コメントの編集

原因がわかってそれが万が一重大なことで決断を迫られることになっちゃったらどうしようと思う気持ちもよくわかります。
でも、原因がわからないでいたら余計悶々とすることになると思うので、やっぱり検査はしておいた方がいいのかも。
幸い、体に負担のなさそうな検査だし。
ファイト、リボンのママ!

コメントの編集

.>ミクママ

ごめんね、心配かけちゃって。
勝手な情けないこと書いてしまってm(__)m
そうだよね。
具合悪くなっちゃって、やっぱりあの時にちゃんと考えておけばって後悔したくないものね。
まず検査してみて、それからどうするか考えてみるね。
今週中に検査に行ってきます。
ありがとう。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。